その他(過去ニュース)

オランダ各地で大晦日の花火による被害(2021年1月2日 NOS)

オランダ政府はこのコロナ渦の状況を鑑みて、去年の大晦日の花火禁止を命じたが、各地で花火による被害が報告された。

オランダ北部のEmmen近郊でコロナ対策に抗議するため住民が該当で一斉に花火を上げ、その後マットレスや破棄物を燃やし、大音量で音楽を流すなどして、暴動警察により数人の若者が逮捕、起訴された。日本人が多くするアムステルフェーンのヘルダーランドでも二人の未成年者が違法な花火により、手を切断しなければならないの深刻な怪我で病院に搬送された。


Thuisbezorgd これまでで最も忙しい日(2021年1月1日 NOS)

オランダ・配達サービス大手のThuisbezorgdは元日に30万件近くの注文があり、最も忙しい日となった。オランダ全土がハード・ロックダウンのため人々の外出が減ったため、これは通常の金曜日の約2倍、2020年の新年の30%増だと、Thuisbezorgdのスポークスマン。