難民支援団体、住宅問題の解決に向け裁判へ (8月10日)

難民支援団体、住宅問題の解決に向け裁判へ (8月10日)

難民支援団体Vluchtelingenwerkは、亡命希望者の宿泊施設の危機を解決できなかったとして政府を法廷に提訴し、8月末0に事務処理が完了する見込みである。難民センターの状況は、人道的見地から許容できるレベルよりもさらに悪化していると、援助機関は7月31日に発表した。この数カ月間、新たに到着した人々は、まともな食事や清潔なシャワーといった「最も基本的な」サービスを受けることができず、ベッドが足りないために数百人が屋外で寝ている状態だ。

Dutch News(8月10日)

 



おすすめ