オランダのがん患者増加  (2月3日)

オランダのがん患者増加  (2月3日)

2022年にオランダがんと診断された人は124,000人で2021年から1000人増加した。
中でも皮膚がんが増えている。直腸がんの診断数はコロナによる一時的な増加の後、再び減少している。これはオランダがんセンター(IKNL)が2月3日金曜日に発表したものである。がん診断数のわずかな増加は、主に人口増と高齢化によるもので、特に皮膚がんと前立腺がんは高齢者に多い。皮膚がんはここ数年で一般的になってきた。これは20-30年前より日照時間が増え、また休暇等で日光浴をよくすることになったことが要因といわれている。NU (2月3日)



おすすめ